本ページはプロモーションが含まれています
お得情報

Amazonオーディブル 30日間の無料体験を始めましょう!
無料体験後は月々15,00円。いつでも退会できる。

30日間の無料体験を試す

古内一絵『百年の子』深い感動おすすめ作品 〜オーディブルでも配信〜

古内一絵『百年の子』深い感動おすすめ作品 〜オーディブルでも配信〜
スポンサーリンク

50代の私が深く感動した作品を紹介します。
それは古内一絵著『百年の子』です。

この物語は、小学館の歴史を辿っただけの作品ではありません。
親子三代の女性の生きた道を辿る旅でもあります。
そんな『百年の子』がどうしてこんなにも特別なのか、その魅力を一緒に探ってみましょう。

 

スポンサーリンク

古内一絵プロフィール

古内一絵さんのプロフィールを以下の通り。

・1966年生まれ。東京都出身。
・日本大学芸術学部映画学科卒業。
・2010年、「銀色のマーメイド」で第5回ポプラ社小説大賞特別賞を受賞(刊行時に『快晴フライング』に改題)。
・受賞時、特別賞を同時に受賞した浜口倫太郎により、「とても上品で素敵な方」とブログで評される。
・映画会社(大映や角川映画)での勤務経験あり。2009年に退職。
・退職後、中国語の翻訳家として活躍。
・2017年、『フラダン』で第6回JBBY賞(文学小説部門)を受賞。
・2021年、『風の向こうへ駆け抜けろ』がNHK総合「土曜ドラマ」枠でテレビドラマ化される。

 

スポンサーリンク

『百年の子』 ストーリー・背景

古内一絵の『百年の子』は、約百年前に始まった学年誌の歴史と社会の変遷を、出版社勤務の市橋明日花の目を通して描き、出版文化、女性の社会進出、世代間の絆など複数のテーマを通じて読者に深い感動を与える作品です。
以下は、その内容の要点です。

 

学年誌のユニークさ
日本独自の出版文化としての学年誌。
各学年ごとに異なる内容を提供する編集方針は、小学館創業者の相賀武夫(おうがたけお)さんの哲学に基づくものです。

相賀武夫(1897-1938)は、小学館および集英社の創業者。
岡山県出身で、出版事業に携わった後、1922年に小学館を設立し、学年別学習雑誌を創刊。
1926年には集英社を設立。過労により42歳で早世。
日本の出版文化に大きな足跡を残した。

古内一絵さんの思い出
学年誌は古内さん自身も読んでいた子ども時代の重要なメディアの一つでした。

私も買ってもらってたな〜

現代の働く女性たちの課題
主人公・市橋明日花が学年誌創刊百年企画チームへ異動させられることから、仕事と家庭のバランス、女性の社会進出、世代間の軋轢など、現代女性が直面する多くの課題に焦点を当てています。

三代の女性の物語
昭和、平成、令和を生きる女性三代の物語。
それぞれの時代における女性の役割と課題を描きます。

 

 

スポンサーリンク

私のおすすめ 耳で聞く読書Amazonオーディブル

オーディブルで「百年の子」が配信されています。私はそれを聴いて大感動しました。

読書の楽しみ方は人それぞれですが、忙しい日常の中で何かをしながらでも物語の世界に浸る時間は、格別のものがあります。

私は老眼が進み、読書時間が短くなってしまったことに危機感を覚えました。そんな時、超読書家の勝間和代さんがオーディブルを利用していることを知り、興味を持ちました。

家事の時間や移動時間を読書時間にしてしまえばいいのです!

30日間の無料体験を経て、月1,500円の会員になりました。
このサービスの素晴らしい点は、幅広いジャンルの本を耳で楽しめることです。
特に「百年の子」のような長編小説を聴くときの没入感は、目で文字を追う読書とは一味違った魅力があります。
ナレーターや俳優が朗読することで、キャラクターの感情やシーンの雰囲気がよりリアルに伝わってきます。

また、オーディブルはスマートフォンやタブレット、PCなど複数のデバイスで利用でき、どこでも好きな時に聴き始めることができます。通勤中や就寝前、目を休めたい時でも、耳で聞く読書を楽しむことができるのです。

 

私のおすすめは洗濯物を干す時と食事の片付け時です

耳で聞く読書は、新しい読書体験を提供してくれます。
読書をもっと身近に、もっと便利にしてくれるAmazonオーディブル。
私の日常に欠かせないサービスとなりました。
皆さんも是非、この新しい読書の形を体験してみてください。

>>今すぐAmazonオーディブルの30日間無料体験を申し込む

 

古内一絵 主な作品紹介

 

 

まとめ

『百年の子』は、その感動的な物語と深い洞察で、読む人の心に強い印象を残します。古内一絵さんの才能から生まれたこの作品は、人生のさまざまな側面を照らし出し、新しい視点を提供してくれます。
もしまだ読んでいないなら、この機会にぜひ手に取ってみてください。
『百年の子』は、あなたの人生に新たな感動と洞察をもたらすかもしれません。

にほんブログ村 健康ブログ 50代の健康へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました