本ページはプロモーションが含まれています
お得情報

Amazonオーディブルの無料体験が2月末までに申し込んだ方は2ヶ月無料です!

2ヶ月の無料体験を試す

20代30代で閉経!?早発閉経とは?若い世代の更年期障害に迫る

20代30代で閉経!?早発閉経とは?若い世代の更年期障害に迫る 気になること
スポンサーリンク

ショッキングな記事が目に留まりました。
20代30代の女性が早発閉経と診断されるという内容のNHKの記事でした。
私にも娘がいるので人ごとではありません。
これは誰もが知っておくべき情報だと思います。
この記事では若い人が診断される「早発閉経」について解説します。

 

スポンサーリンク

早発閉経って何?

早発閉経は、通常の閉経年齢よりも早く、生殖機能が停止する現象です。

一般的に閉経は50歳前後に起こるとされていますが、早発閉経40歳未満で起こり得ます。
特に20代や30代で診断されるケースは、生活に大きな影響を及ぼす可能性があります。

早期発見と適切な対応が望まれます。

 

スポンサーリンク

早発閉経の見逃してはいけないサイン

更年期障害は、閉経に伴う一連の症状ですが、早発閉経においてはこれらのサインが予期せず現れることがあります。

不規則な生理周期生理の完全な停止ホットフラッシュ睡眠障害性欲の減退など、多くの症状があります。

実際にこれらの症状を経験した女性の話は、他の女性が自身の体の変化に気づくきっかけとなることが多いです。

 

スポンサーリンク

早発閉経への理解

まだまだ社会では、「早発閉経」という言葉も聞いたことがない人が多いでしょう。
社会の認識がないことで、さまざまな問題を引き起こしているかもしれません。
早発閉経は、単に女性の健康問題としてではなく、社会的な課題として捉えるべきです。

この状態は、以下の症状を引き起こします。

⚫️ホットフラッシュ
⚫️睡眠障害
⚫️情緒不安定などの更年期障害

これらは女性の職場でのパフォーマンスや家庭生活に大きな影響を及ぼします。

早発閉経に対する知識と理解を社会全体で共有することで、これらの症状に苦しむ女性に包括的なサポートを与えることができます。

職場での柔軟な勤務体制の提供や、家庭内での心理的支援が、当事者のストレス軽減につながります。

 

乳がん治療後の早発閉経の例

乳がん治療には、化学療法や放射線療法などが含まれ、これらは卵巣機能に影響を与え、早発閉経を引き起こす可能性があります。

NHKの記事では、35歳で乳がん手術を受けた後、ホルモン治療を行っている木村綾乃さん(仮名)のケースを紹介しています。
治療開始からわずか数日で、「ホットフラッシュ」の症状が現れ、日常生活に多大な影響を及ぼしています。
木村さんは、ホルモンの分泌や働きを抑える治療を受けており、これは乳がん細胞の増殖を抑制するためです。

しかし、この治療によって、更年期障害に似た症状が引き起こされ、めまいや頭痛、関節痛などの副作用に苦しんでいます。
木村さんの場合、ホルモン補充療法などの一般的な更年期症状の治療法は適用できず、症状を緩和するための対症療法に頼るしかない状況です。
乳がんを経験した女性が直面するこの現実を理解することは、治療計画を立てる際の重要な要素であり、社会全体でのサポートと理解が求められます。

 

早発閉経に対するサポート体制

早発閉経を経験する女性へのサポート体制は、国によって大きく異なります。
日本では、早発閉経に関する情報提供やサポートがまだ十分とは言えず、医療機関や社会からの理解も進んでいないのが現状です。
一方、欧米諸国では、早発閉経に関する情報が豊富で、サポートグループやカウンセリングサービスが充実しています。例えば、アメリカの「The North American Menopause Society」では、早発閉経に関する詳細なガイドラインを提供し、女性が直面する心身の変化に対応するための支援を行っています。また、イギリスでは「The Daisy Network」が早発閉経の女性たちを支援するための情報提供やネットワーク形成を積極的に行っています。

これらの国々では、早発閉経が女性のQOL(Quality of Life)に与える影響を重視し、医療だけでなく、心理的なサポートも整えることで、女性が社会生活を送る上での障壁を低減しています。日本でも、こうした国際的な動向を参考にしながら、早発閉経の女性が必要とする情報提供やサポート体制の整備が急務であると言えるでしょう。

 

早期受診の重要性 早発閉経の兆候を見逃さないために

早発閉経は多くの女性にとって予期せぬ問題ですが、早期に対処することで生活の質を大きく改善できます。
月経不順や閉経に至る前の症状に気づいたら、すぐに医療機関を受診することが重要です。
早期受診により、ホルモンバランスの変化やそれに伴う身体的、精神的な影響を把握し、適切な治療やサポートを受けることができます。
また、早発閉経が他の健康問題の兆候である可能性もあるため、早期発見は他の疾患の予防にもつながります。
医師と相談しながら、自身の健康状態を適切に管理することが、より良い健康維持には不可欠です。

 

まとめ

早発閉経は、20代や30代の若い女性にも起こり得る重要な健康問題です。
この状態を早期に認識し、適切な医療支援を受けることは、女性の生活の質を維持する上で極めて重要です。
早発閉経に関する知識と理解を深めることで、不安や孤立を感じることなく、必要なサポートを求めやすくなります。
また、社会全体でこの問題に対する意識を高めることは、職場や家庭でのサポート体制を強化し、女性が直面する困難を軽減するために不可欠です。
早期受診の促進、医療従事者との連携強化、そして周囲の理解を深めることが、早発閉経という課題に対処するための鍵となります。

>>NHK WEB特集「若い世代で直面する“更年期障害” 早発閉経 乳がん治療でも…」

コメント

タイトルとURLをコピーしました